正しいドライヤーのかけ方と女性用ノンシリコンシャンプーの人気

正しいドライヤーのかけ方

毎日シャンプーの後にドライヤーでしっかりと髪の毛を乾かしている人がほとんどだと思いますが
中にはドライヤーを使わずに自然乾燥させてしまっている人がいます。

 

自然乾燥というのは一見すると

髪の毛にドライヤーの熱を加えないので良いことだと思ってしまいがちなのですが
本当は髪の毛にとっては良い事ではありません。

 

自然乾燥させてしまうことによって、水分が蒸発していく際に髪の毛のキューティクルも失われてしまいますし
頭皮が蒸れやすい状態となり、細菌が繁殖してしまうようなこともあります。

 

ですからシャンプーをした後には、必ずドライヤーでドライすることが大切なのですが
ドライヤーをかける時は、温度に気をつけながら頭皮にドライヤーは近づけず
15センチ程度ドライヤーを離して使用することが大切です。

 

あまりドライヤーを頭皮に近づけてしまうと
頭皮がやけどをした状態となり、抜け毛の原因になる場合があります。

 

しっかりと頭皮の部分から髪の毛を乾かし、根元まで乾いた髪は一度冷風をかけてあげると良いと思います。

そうすることによって熱によるダメージを防ぐことが可能です。

 

近年ではマイナスイオンのドライヤーなども販売されていますので
このようなドライヤーを使うのも良いと思いますし
一般的なドライヤーでも一番最後にしっかりと冷風を当てることでダメージを軽減させることができます。

 

またドライヤーを当てる時にはできるだけ髪の毛をしっかりと動かしながらかけると良いと思います。
そうすれば頭皮にもドライヤーの風が送られますから、蒸れてしまうようなことも無くなります。

ドライヤーのかけ方・関連ページ

シャンプーの正しい方法
頭皮に優しいシャンプーとは