シャンプーの成分や特徴と女性ノンシリコンシャンプー人気

シャンプーの成分や特徴には何があるか

水と油は全く交じり合わない……誰もがよく知っている事実です。

 

このような交じり合わない成分を交じり合う事ができるようにするための触媒、それが界面活性剤です。

 

シャンプーに限らず洗剤や石けんなどには、このような界面活性剤が使われています。

というのも、身体の汚れの原因の皮脂は油の一種だからです。
皮脂を湯水で洗い流すために、界面活性剤が必要なのです。

 

こういった界面活性剤を含む、原料や成分などがシャンプーにはしっかり掲載されています。

その内容を確認してみると、表向きにはどういったシャンプーかわからなくても
ノンシリコンか、シリコン入りか、アミノ酸系かなどの種類も判別する事が出来ます。

 

 

界面活性剤ひとつとっても、黄卵中に存在するレシチンなどのように天然系のものと

人工的に作られる合成界面活性剤があります。

 

シャンプーでよく使われる界面活性剤で多いのは、石油系の合成界面活性剤です。

石油系界面活性剤は、水と油が混ざった状態を長時間維持でき、また、驚くほど泡立ちがよくなるため
シャンプーなどで使用するのにとても重宝なのです。

 

しかし、石油系界面活性剤は、皮膚から体内へ入り込み年月をかけて蓄積されるという意見もあります。
そのため、肌のバリア機能が弱まる、たんぱく質が変質するといった問題が送る危険性があるとも言われます。
また、河川を汚すヘドロの原因になるなど環境汚染の一因として、石油系界面活性剤が問題視されることも多くなっています。

 

シャンプーは頭皮に直接つけるものですから、できるだけ安全なものを選びたいというのが本音だと思います。
肌や身体への悪影響がある可能性があるものは排除したいと考えるならば、
界面活性剤の入っているシャンプーはできるだけ避けた方がよいように思います。

 

しかしないものを探したところでそれも難しいものです。
最初に言ったように、シャンプーで落とす汚れは皮脂などの脂です。
水と油をまじりあわせるには界面活性剤の使用は、どうしても必要なのです。

 

しっかりと成分表示を確認し、理解して、シャンプーを選ぶこと。
それが安全に使用するためのポイントにもなるという事を覚えておき、選択肢の一つとして確認しましょう。

成分とその効果・記事一覧

あなたは普段使っているシャンプーにはどのような成分が使用されているか気になったことはあるでしょうか。ひょっとしたら頭皮や髪の毛のトラブルの原因がいつも何気なく使っているシャンプーの成分の影響かもしれません。市販されているシャンプーの大半は高級アルコールシャンプーと呼ばれているものです。高級アルコールシャンプーには石油から人工的に作られた合...
詳細を見る
シャンプーには界面活性剤というものが使われています。水と油を混ぜようと思って思い切りかき混ぜてみると必ず分離してしまいますよね。それを混ぜ合わせるために配合するのが界面活性剤です。わかりやすく例えると、酢と油と卵を混ぜるとマヨネーズになります。卵に含まれている成分が界面活性剤としてはたらく性質を利用したものなのです。シャンプーでも同様に色...
詳細を見る
防腐剤と聞くと、決して体にいいものという印象は受けないと思います。では、防腐剤の入っていないシャンプーを選ぶほうが良いのでしょうか。防腐剤の全く入っていないシャンプーは存在します。しかし、それは車に塗るワックスのような固形の製品で、非常に管理することが難しいものになってしまいます。バスルームは、どんなものでも腐敗が進みやすい高温多湿の空間...
詳細を見る
ノンシリコンシャンプーならば、頭皮や髪にいいものと思っておられる方は多いのではないでしょうか。ノンシリコンシャンプーという名前は、文字の通りシリコンを含んでいないことだけを表しています。逆に言えば、シリコン以外の成分はどんなものが含まれていようともノンシリコンシャンプーと呼ばれてしまうのです。シリコンは、髪の表面に張り付いてコーティングす...
詳細を見る
髪や頭皮にいいものを使用したいと思って、ノンシリコンシャンプーを選ぶ方が多いのではないかと思います。シリコン入りシャンプーよりも頭皮などに優しいものが多いのは事実ですがその成分次第では優しさが半減してしまう場合も有り得ます。シャンプーに表示されている成分を見て、どのように判断したらいいかをお教えしましょう。成分表に書かれている順番は、含ま...
詳細を見る