界面活性剤の頭皮への影響と女性用ノンシリコンシャンプーの人気

界面活性剤の頭皮への影響

シャンプーとハーブ

シャンプーには界面活性剤というものが使われています。

 

水と油を混ぜようと思って思い切りかき混ぜてみると
必ず分離してしまいますよね。
それを混ぜ合わせるために配合するのが界面活性剤です。

 

わかりやすく例えると、酢と油と卵を混ぜるとマヨネーズになります。
卵に含まれている成分が
界面活性剤としてはたらく性質を利用したものなのです。

 

シャンプーでも同様に色々な界面活性剤が使われています。

市販のシャンプーで多く使われているのがラウリル硫酸ナトリウムなどの石油系合成界面活性剤です。
合成界面活性剤を使用しているシャンプーは泡立ちがとても良く洗い上がりもさっぱりと感じられますが
実は頭皮や髪の毛に与える刺激がとても強いため、悪い影響を与えることが懸念されます。
必要とする皮脂までも洗い流してしまうため、フケ、かゆみや抜け毛の原因ともなります。

 

それだけでなく頭皮から体の中に長い年月をかけて入り込み
アトピー性皮膚炎といったアレルギーや発がんの原因にもなってしまうと指摘されています。
そのため、できるだけ合成界面活性剤が使用されているシャンプーの使用を避けることが望ましいでしょう。

 

人体への影響が少ないのが石けんやアミノ酸を界面活性剤として使用しているシャンプーです。
特にアミノ酸に関しては、頭皮や髪の毛と同じ弱酸性なので与える刺激がとても少なく、安心して使用できます。
特にお子さんやお肌の弱い方にとっても安心して使えます。